子供の近視を研究して作られたメガネレンズ|横浜のコンタクト メガネなら横浜駅東口 東京コンタクト・スカイビルメガネ

2021/06/27

子供の近視を研究して作られたメガネレンズ

ZEISS マイオキッズ

成長期の子供の近視を研究して特別に設計されたメガネレンズ

 

 目はとても重要な感覚器官です。私たちは情報の大半を視覚から得ています。子供たちは成長の過程で、視る力によりたくさんのことを学びます。だからこそ、子供たちに最良の視覚サポートを与えることが重要となります。

 

子供の近視の発症と進行

 子供の近視の発症と進行の原因には、遺伝要因と環境要因が関わっていると考えられており、その中の1つに「調節ラグ」があります。

 近くの物を見るとき、距離が短くなるほど調節反応がにぶり、しだいに焦点は網膜の後方へずれていきます。その結果、像が網膜上に結像せず、網膜の後方に焦点を結びます。とくに子供の場合はピント調節不足になっていることが多く、この調節不足の状態を調節ラグといいます。

1

 

 像が網膜より後ろに焦点を結ぶと、それが目の奥行きが伸びるシグナルとなり、結果として目の奥行きが伸びて、更に近視が進行します。

2

 

 

レンズの設計

【一般的な単焦点レンズ】

 調節不足により網膜の後ろに結像する

zeiss1

 

【マイオキッズ】

近くを見る部分に加入度数をつけることにより、調節ラグを軽減させます。

zeiss2

 

 マイオキッズレンズは、目の解剖学的特長や現代の子供たちのライフスタイルに合わせた特別な設計となっています。近くがはっきりと見える設計はスマートフォンやタブレット端末といった近年のデジタル機器使用時の眼精疲労も軽減します。

 

【スカイビルメガネからのお知らせ】

当店では、隣接のスカイビル眼科の指導の下、マイオキッズレンズの取り扱いをしております。

 

マイオキッズレンズのみ 1組¥22,000~

フレーム+マイオキッズレンズセット ¥30,800~

 

 その他にレンズの薄型加工、ブルーライトカット、強力な傷防止加工などオプション加工もお受けできます。詳しくは当店までお問い合わせ下さい。

 

【お勧め】

度数の進む可能性の高いお子様には「延長保証」をお勧めしています。

 詳しくはこちら