東京コンタクト・スカイビルメガネ
老視にお悩みの方へ

老視とは

老眼(ろうがん) とも呼ばれ、加齢によりピントの調節力が弱まってしまうことで近くの物が見辛くなる眼障害です。 原因が加齢によるものだけに、程度の違いはあれ、誰もが避けては通れない障害と言えます。
40 歳から60 歳くらいまでに自覚症状を訴える方がほとんどで、発症初期の頃は「騙しながら…」「我慢しながら…」 生活をされる方が多いようです。

老視の矯正方法

老眼鏡や遠近両用メガネ等、“メガネ” を用いての矯正が一般的です。歪みに対して敏感な方に適応し易い 中近両用というレンズもあり、幅広い細かなニーズへの対応が可能です。
また、現在の40 歳~ 60 歳くらいの方々は馴染みもあり、そして、遠近両用コンタクトの精度が上がったこともあり、 “コンタクト”を用いての矯正の人気が高まっています。コンタクトの魅力は素顔のままでいられる点。 やはり、老眼鏡を掛けるという行為そのものにストレスを感じている方も多いと言えるのではないでしょうか?

老視矯正用メガネレンズの紹介

遠近両用…近くから遠くまでが見やすいシニアレンズ。
普段の生活などに最適な、ひとつのメガネで近くも遠くもすべてが見えるレンズです。

代表お薦めレンズ

代表お薦めレンズ

HOYA 両面複合累進設計


メーカーリンク▶

老視矯正用コンタクトレンズの紹介

老眼鏡を掛けることに抵抗があり、近くの見え辛さを我慢していませんか?
遠近両用コンタクトなら、スマートに大人の視生活をサポートします。

代表お薦めコンタクトレンズ

代表お薦めコンタクトレンズ

2週間交換終日装用ソフトコンタクトレンズ
2WEEKメニコン プレミオ遠近両用


メーカーリンク▶

PAGE TOP