年代による老眼の症状|横浜のコンタクト メガネなら横浜駅東口 東京コンタクト・スカイビルメガネ

2020/11/05

年代による老眼の症状

年代による老眼の症状

・こんな事ありませんか?

 【老視】

加齢とともに水晶体とそれを支える組織、筋肉の弾力性が低下する事で調節力が弱まり、近くのものにピント(焦点)が合わなくなった状態です。

この状態では調節できる範囲が少なくなり、遠くが見える人は近くが見えなくなり、近くが見える人は遠くが見えなくなります。

 rougan_04 rougan_01 rougan_02 rougan_03

 

このような方にお勧めするメガネレンズは

 

①【遠近両用メガネレンズ】

遠近両用メガネレンズは、レンズ上部(遠くを見る部分)から下部(近くを見る部分)にかけて徐々に度数が変化。視線を上下させることによって、遠方・中間・近方それぞれをよく見ることができます。

 

②【中近メガネレンズ】(室内用メガネレンズ)

中近メガネレンズは、視線を上下させることによって、中間距離から近くのものまでスムーズに見ることができます。

 

 

スカイビルメガネでは、随時このような相談を承ります。

お気軽に眼鏡コーナー店員にお尋ね下さい。