東京コンタクト・スカイビルメガネ
円錐角膜の矯正をお望みの方に

円錐角膜とは

黒目の中央部が薄くなり円錐状に突出してくる非炎症性・進行性の眼疾患です。 発症時期は一般的に10代の思春期の頃が多く、その多くは両眼性です。 最初は少しぼやけて見えるくらいですが、やがて眼鏡やソフトコンタクトレンズでは、視力矯正が難しくなります。 原因は今のところはっきりしていません。

円錐角膜とは

円錐角膜の視力矯正

初期の段階を除き眼鏡やソフトコンタクトレンズでの矯正は難しくなるので、基本的にはハードコンタクトレンズを装用します。

円錐角膜に対応できるレンズ

サンコンタクトレンズのサンコンマイルドⅡ・エムカーブタイプやレインボーコンタクトレンズのハイサンソα非球面デザインレンズのお取り扱いがございます。

ハードコンタクトレンズを装用していて、異物感が強かったり、はずれやすい場合でもレンズの大きさを変えたり、レンズ周辺部を加工することで改善できることがあります。
また、ハードコンタクトレンズだけでは異物感を強く感じてしまう方には、角膜とハードコンタクトレンズの間にソフトコンタクトレンズをはさむピギーバックと言う方法もあります。

詳しくはスタッフまでご相談ください。

PAGE TOP